INAZUMA-VOICE|Vol.3:内藤のび太②

自虐!脱力感!ジャイアン無しでも、のび太はのび太だった!
INAZUMA-VOICE|Vol.3:内藤のび太②

内藤のび太
5月12日に、ONEストロー級王座奪還に挑む事が発表された、内藤のび太選手の単独インタビューの②。
お楽しみ下さい!

内藤のび太
1984年2月17日生まれ、千葉県出身。2012年フライ級新人王。第5代修斗世界フライ級王者。第2代ONE世界ストロー級王者。日本中の期待を背負い、5月12日にアレックス・シウバ選手とのリマッチに挑む!□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

空港で声をかけられた!

―ONEでの初戦、AbemaTVで放映されてましたけど、私のtwitterのタイムライン、全部のび太選手一色になりまして。
のび太:あ、本当ですか!?

―勝った瞬間、twitter大爆発していましたよ!日本でのファイトスタイル、そのままに。
これがのび太だ!という試合で。
のび太:AbemaTVがちょうどやってくれたんで、本当にタイミング良かったです。

―相手の打撃、相当強かったと思うんですが。1R目、結構タックル切られましたよね?それでもタックル行き続けて、ラウンド進むごとにテイクダウン取るようになるっていう。
のび太:あれ以上は無いですね〜。なかなか、本当難しいですね〜。あれは本当、良かったですね〜。

―いやいやいや(笑)、あれ以上は無い、って(笑)。
のび太:なかなか、難しいですよね〜、本当。

―(笑)。ONEで戦ってみて、変わったなぁ、と思う事って何かありましたか?
のび太:AbemaTVのお陰で、知ってくれる方が増えたと思います。ちょっとだけ、知ってもらえたんじゃないかと思います。

―町中で声かけられたり?
のび太:(即答)それは無いっすね〜、それは無いっす。
内藤のび太

―(笑)
のび太:格闘技会場でたまに。格闘技会場限定です。いつもじゃなくて、ちょっとだけ・・・、声かけて頂けるのは、有り難かったです。それ、毎回じゃないですけど。

―ONEの初戦って、のび太キャラではなく、本名で戦いましたよね?あれは、ご本人的にいかがでしたか?違和感みたいなものはありませんでしたか?あれは権利の関係ですかね?
のび太:いや、キャラクター的なものみたいですね〜。

―初戦はヒールで、みたいな事を言われたんでしたっけ?相手が地元の選手だから。
のび太:そうそうそう〜。ま、ヒールになり切れなかったですけど。
でも、別に海外だから別にいいかな、って。

―海外だから、最初からアウェイのつもりだったと?
のび太:そうですね〜。

―2戦目からのび太キャラでしたっけ?
のび太:そうですね〜。2戦目から急に。

―向こうではドラえもんが人気あるって話を聞いたんですけど、やっぱり反応違うな〜、とかありましたか?
のび太:あ〜〜〜〜〜〜〜、「のび太!」って呼ばれているのはちょっと聞こえたんですけどね〜。

―例えば、町中で声をかけられたりとかは?
のび太:町中は全くないですね〜(笑)。

―格闘技の知名度みたいなものは、向こうではどんな感じなんですか?
のび太:空港ではちょっとだけあったんですけど。

―あ、本当ですか!?地元の人に?
のび太:はい。
内藤のび太
―では、向こうでも、PRIDEの日本の時みたいに、その辺の人が選手の顔と名前を知っている、って状況では無いんですね?
のび太:そこまでは行かないと思います。でも、結構その国その国でスターを作っている感じで、やっぱ盛り上がっている所は盛り上がっているっていうか・・・、どうなんですかね〜、派手な見せ方をして、ヒーロー的な憧れを抱かせるようにしている、ってコンセプトだと思います。

―これから作って行く、って感じですね?では。
のび太:はい。


次回:『若い人や女性とは・・・』(2018年5月7日配信)に続く

インタビュアー:平田 真徳 / 撮影:INAZUMA


他のインタビューを見る
格闘技ジムを探す
ホームに戻る


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする