『こんな授業が欲しかった!勇気の授業01』:選手入場シーン

スポンサーリンク
レクタングル(大)

『こんな授業が欲しかった!勇気の授業01』:選手入場シーン

INAZUMAの吉村です。4月15日カルペディエム三田で開催した『こんな授業が欲しかった!勇気の授業01』の入場動画を公開しました。


勇気の授業で気をつけた事が「ママと子供が楽しめる事」と「ぼっち」を作らない事。
せっかくイベントに来てくれたのに、溶け込めなかったり、楽しめないで不完全燃焼で帰る人は一人も出てほしく無かった!!
でも、人見知りや、選手に声を掛けられない人も居るだろうと言うことで考えたのがこの入場方法です。

人見知りだろうが、何だろうが、「選手と触れ合う事」を仕組みとして取り入れました!
さらに、入場するまでの選手は私服で会場をウロウロしてもらい、入場シーンでは道着に着替えてもらうサプライズ!これで会場のテンションが一気に高くなりました。
なお、こんな風に会場を沸かせる仕掛けを僕は、「エンタメ装置」と呼んでいます。
勇気の授業ではこんな風に「エンタメ装置」を多数仕掛けました。動画や記事で紹介していくので楽しんでもらえたら嬉しいです(^^)

エンタメ装置1
ぼっちを作らない!選手とハイタッチ!

さらに、「こんな授業が欲しかった!勇気の授業01」参加者には、一足先に
1時限目:中国武術-蟷螂拳 瀬戸 信介 選手「チャンスを掴む」の非公開urlを配布!

勇気の授業は、積極的に参加する人が楽しめるイベントです!
なお、一般公開は26日8時半頃になります。お楽しみに!

勇気の授業


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Translate »