INAZUMA-VOICE|Vol.2:DEEP王者-和田竜光(わだたつみつ)⑦

【気になる格闘家を独占インタビュー】
DEEP王者・和田竜光選手インタビュー7話目(ラスト)


本インタビューは最終話7部目です。

MMA大好き!止まらない和田竜光トーク・番外編
やったからって、山本KID選手や桜庭選手みたいに出来る訳じゃない

一旦インタビューは終わったものの、止まらない和田竜光トーク!
そして、我々スタッフもMMAトークに火が点いてしまい、インタビュー終了後も延々トークが繰り広げられる事に!
そのトークから番外編として、一部抜粋致しました!


和田:もう、それも分かってるんですよね、そういう(派手な試合をするような)格闘技出来ないっていうのは、自分でも。そういう選手じゃない、っていうのは。途中からもう出来ないんだな、ってのが分かって。
山本KID徳郁選手みたいに勝ちたいなぁ、って思ってたんですけど、やったからって、ああ出来る訳じゃない。
桜庭和志さんみたいに一本取りてぇな、って思ってましたけど、やったからって出来ない。
それぞれ、そういう。堀口君みたいになれないですし、紀左衛門選手と試合して、朝倉選手みたいに勝てないかも知れないですし、勝てないかも知れないですけれど、そういう面白さじゃない面白さ、あるじゃんっていう感じなんですよ。それ言っちゃうと、「おめぇ、つまんねぇな。」ってなるんですけど。

(ここから、過去の試合を振り返りながら、MMAの面白さとは?トークが続く)

―なるほど、面白いから色々技術も試合への持って行き方も工夫出来るんですね、きっと。
和田:そうですね。

―MMAPLANETで青木真也選手が、和田選手の事絶賛していたじゃないですか。
和田:あぁ~、嬉しかったです。
和田竜光
―自分も教えてもらいたい、くらいの事おっしゃっていたじゃないですか。
和田:いや、ん~~~~、僕は教わってばっかりですけど(笑)。聞けば教えてくれるんですよ、出し惜しみしないで。

―へぇ~~~。
和田:技術隠さないで。別に、その技術教えたからって、青木さん得しないって分かっているのに。だから俺も、いつ、誰にでも教えちゃうし。だから、その辺はありがたいですね。青木さんとか、北岡さんとかもそうなんですけど。

(中略)

吉村:RIZINに出たくてアピールして、反応なかった後、さらに追いかけるっていう選択肢は無かったのでしょうか?
和田:それは、僕のプライドが邪魔しているんですよ。別にそんなに試合したい訳じゃないっているのがあるんで。
「俺が試合したいんだよ!●●選手!試合してよ!!」っていうのは無いんですよ。だからジャブ出すだけなんですよ。だから、それ以上は突っ込まないです。
だから、それに乗っかってこないから、「ビビってるな、ダセぇな。」って、酒飲んでる時に話をする、ってだけになってます(一同爆笑)。

(中略)
吉村:RIZINになかなか出られなくて、イライラする事はないですか?
和田:イライラはしないです。「いいや、今年は会場行って観なくても。」っていう感じではちょっとあったんですけど、その日の夜に上がった動画とかを見て、「おもろっ!!」ってなって、嫁と見ながら。
で、「えぇ?どうする?大晦日見に行く??」ってなって(一同爆笑)。
で、佐伯さんに、ジャブをちょっと出してみたんですよ。見に行きたいとかじゃなくて、「チケットとか、人結構入ってるんすか?」って(笑)。
「(モノマネしながら)今回なー、完売でなー。」って言われて(笑)。「あぁ、そうなんすね~。」って(一同爆笑)。ま、のんびりみんなで、家で酒飲みながら見ましたけど。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
この後、また永遠MMAトークが繰り広げられましたが、残念ながらタイムリミットで、打ち切りとなりました~。

インタビュアー:平田 真徳 / 撮影:INAZUMA

全7話お付き合い頂きありがとうございました。

和田竜光選手の次戦は2018年4月28日(土)DEEP83 IMPACT

DEEP フライ級タイトルマッチ
和田竜光(フリー) VS 高橋 誠(パラエストラ松戸)

大会詳細:DEEP83 IMPACT

フリーになって初めて迎える防衛戦であり、和田選手が飛躍するためには外せない試合です。
ぜひ注目してください!

次回「内藤のび太選手のINAZUMA-VOICE全5話」をお届けします。(2018,4,23から配信)
お楽しみに!


他のインタビューを見る
格闘技ジムを探す
ホームに戻る


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする