INAZUMA-VOICE|Vol.2:DEEP王者-和田竜光(わだたつみつ)②

【気になる格闘家を独占インタビュー】
全7回!DEEP王者・和田竜光は、なぜTwitter界を騒がせるのか?なぜ超自然体なのか・・・?②


本インタビューは7部構成の2部目です。

「『あぁ、俺は求められてねぇな。』というのは察しています」

和田竜光-02

―(吉田道場を離脱した事は)RIZINになかなか出場出来ない事とは、何も関係無いのでしょうか?
和田:はい、それは関係無いですね。だって、実際に1回出ていますし。
僕が那須川天心だったら出れる訳じゃないですか?そういう意味でも、もうちょっと上に行かなければいけないな、と。

実力アップさせないと。知名度も含めて。

―なるほど。今の話にもリンクしますが、2017年は1試合だけでした。率直な感想を教えて下さい。
和田:本当は2、3試合は最低でもするつもりでいたんですけど、「あ、RIZINってこんなに出れねぇんだな。」って。

―1回出て結果も出した訳じゃないですか。それでも、その後オファーみたいなものは特に無く?
和田:特に無いですねー。なんか、ちょこちょこtwitterでジャブ入れてみたんですけど、まぁ響かなくて。

―何のリアクションも無く?
和田:そうですね。何人かにジャブ出してみたんですけど、まぁ何にも響かなかったです。「あぁ、俺は求められてねぇな。」というのは察しています。

―ファンは、めちゃくちゃ見たがっていますけどね!RIZINに出たいとか、UFCに出たいとか、希望の団体ってあるのでしょうか?
和田:あります!どっちも出たいです!

―とにかく強い選手とやりたい!って感じですか?
和田:んー、そうですね、強く無くてもいいんですけど、やっぱり名前のある選手とか、それこそTVに出れるような試合とか出たいですね。
UFCに出て、ランカーの選手とかとやってみて、どれくらい自分が出来るのかな?っていうのは、もちろんやってみたいですし、力を試してみたいっていうのはあります。

でも、ただ強い選手とやりたいだけではなく、知名度も上げたいです。だから、定期的にRIZINで試合しないと、それにつながっていかないです。

堀口恭司選手がどれくらい強いのか、体験してみたい

和田竜光-02-2

―年末RIZINの試合はご覧になりましたか?記憶に残った試合とか選手はいましたか?
和田:あの、バンタム級トーナメントは単純に面白かったです。

―特にこの試合が!とか、特にこの選手が!とかありましたか?
和田:無いっす(笑)。

―マジですか!?
和田:やっぱ、強いと思いましたけど、階級違うし。

―あー、まぁ、そうですよね。みんな聞きたがっていると思うんですけど、堀口選手に対して、どのような印象をお持ちですか?
和田:強ぇー!強ぇなー、って思いながら見ていました。

―前に、確か元谷選手との試合後に、twitterで「自分もやっていみたい」みたいな事書き込まれていたと思うんですけど。
和田:どれくらい強いのかな、っていうのを体験してみたいです。堀口君はUFCでランキング3位まで行ったと思うんですけど、だけど、デメトリアスの次に、強いと思っているんで、フライ級の中で。だから、どれくらい強いのかなー、って。

元谷君、堀口君にこてんぱんにやられていましたけど、俺がやったらどういう試合になるかなー、って。
ああいう展開じゃなくて、もうちょっと何とかなったのになー、って思ったりして、やりてーなーって思ったりしました。


―言える範囲でいいんですけど、自分だったらこう戦うのになー、っていうイメージあり ますか?


次回:堀口君とか石渡選手は、試合組まれたらどう戦うかなっていうのは、意識しています(2018,3,26公開)に続く

インタビュアー:平田 真徳 / 撮影:INAZUMA


他のインタビューを見る
格闘技ジムを探す
ホームに戻る


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする