8.5勇気の授業02|見どころその5:退場は皆でハイタッチ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

8.5勇気の授業02|見どころその5:退場は皆でハイタッチ


吉村です。本日締切り!勇気の授業の見どころを5回目です。

見どころその5:退場は皆でハイタッチ

勇気の授業は、「明日をより良くしたい人」が集まる「場」であり、そこに集まった選手、参加者、スタッフ皆に学びがある授業を目指しています。
そういう意味で、勇気の授業に堅苦しい上下関係はありません。

イメージとしてはプレゼンテーションの場として有名なTEDが近いと思います。(認知度は天と地ほどの差がありますがw)
TEDにはアイデア、発明、取組みなど「新しい」を求める人が集っていますよね。

それが勇気の授業では「明日をより良くしたい人」が集まるわけです。
だから僕は、選手はもちろん、参加者一人ひとりも主役だと考えています。

そして、せっかく同じ意志で集まった人達だから、もう一歩踏み込んで会場の全ての人に交流してもらおうと参加者同士のハイタッチを思いつきました。

これは持論ですが、肌の触れ合いは人を優しい気持ちにします。(悪意があるとダメですけどね)
それを証明する典型的な例が「子供」です。

子供は親や、色んな人に頭を撫でてもらったり、ダッコされたり大人に比べ圧倒的に肌の触れ合いを沢山しています。そして基本的には素直で優しいですよね。

僕も子供が生まれて、子供に触れる中でこのような考えになりました。
大人になると他人と肌を触れ合う機会ってほとんどありませんし、何かあると過剰に反応される時代だから、大人は他人との肌の触れ合いが急速に減っている。
と言うか減り過ぎていて人間不信になったり、摩擦に弱くなっているように思います。

ある格闘技ジムのオーナーは「格闘技はコミュニケーションツールだ」と言っていました。
言葉じゃないコミュニケーションはノンバーバルコミュニケーションと言って、感覚がダイレクトに意志を受け取ります。

僕の想像では、選手から勇気について学んで、一緒の物を見て、共感してる人同士がハイタッチを交わしたらきっと楽しいはずだと思った。
結果はこちら↓↓↓

男性、女性、大人、子供、皆楽しそうですよね。
僕はラストに皆さんとハイタッチさせてもらいハシャギ過ぎましたw

今回も小さな子供も参加してくれるので、ぜひ彼らともハイタッチを交わして直感に響くコミュニケーションをして楽しみましょう!

勇気の授業はみんなで作る学びの場です。
もしも、あなたの感情が1mmでも動いたら、それはもう感覚レベルで反応している証拠!
ぜひ直感を信じて勇気の授業にお越し下さい。

ぜひ本物の強い人から「たくましく生きるヒント」を受け取ってください。

申し込み受け付けは本日が最終日です!

勇気の授業02


・タイトル:こんな授業が欲しかった!勇気の授業02
・開催日:8月5日(土)
・会場:小見川道場 〒227-0055 神奈川県横浜市 青葉区つつじヶ丘1-12 ベル青葉台1F
・勇気の授業:17時~18時半、受付開始16時半(予定)
・懇親会:19時半~21時半(食事+飲み放題)、参加者には3選手の寄せ書きサイン色紙プレゼント。
・申し込み受付:7月3日〜7月28日
・参加費

  • 大人:4,000円/家族3,000円
  • ご利益チケット(参加+体験(残り7組み)):大人5,000円/4,000円(大人1名+子供1名まで)

・参加選手とトークテーマ

  • 原翔大:「嫌いな自分を受け入れる勇気」
  • 菊野克紀:「君の一番の宝物」
  • 小見川道大:「NEO JUDOに込めた想い」

・主催:株式会社パーフェクトサンデー(INAZUMA運営会社)
・協賛:株式会社シーアール
・映像協力:巌流島事務局

今後この3名が揃うことはあっても、今回のトーク内容が聞けるのは今回限りです。
トップファイターが実践する「たくましく生きるヒント」をぜひ現場で、生で体験しにお越しください!

本日申込み締切!

・必要事項を記入の上、送信してください。折り返し振り込み先情報を含む返信メールを送信します。
・ご利益チケットは残り7組みとなります。

※お申込み頂いた順に返信しますのでお待ちください。




勇気の授業とは

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.