8.5勇気の授業02:小見川道大「NEO JUDOに込めた想い」

スポンサーリンク
レクタングル(大)

8.5勇気の授業02:小見川道大「NEO JUDOに込めた想い」動画公開

INAZUMAの吉村です。8月5日、NEO JUDO ACADEMY 小見川道場で開催した「こんな授業が欲しかった!勇気の授業02」の3時限目。
小見川道大選手の「NEO JUDOに込めた想い」動画を公開しました。

小見川道大
3限目は、男気あふれる小見川選手が登場。
小見川選手が柔道を始めたのは小学校の頃。キッカケは意外にも「泣き虫」だったこと。

地元の名門道場で練習に励みますが、中々上手く成れなかったそうです。
加えて当時抱えていたコンプレックスを告白。

コンプレックスをバネに実力を着けて、次の目標は「オリンピック」。
しかし、ライバルに敗れ柔道を引退。そこから総合格闘技(MMA)へ転身します。
小見川道大
思うように結果が出ない時期。まわりから聞こえる「小見川は総合はダメなんじゃないか」と言う声。
そんな時期を「柔道」を信じることで乗り越えたそうです。
最後は、小学生の頃に書いた文集を披露し、当時の夢、そして今どんな思いで子供の指導をしているか。
NEOJUDOに込めた思いが語られました。

開運巴投げ
トークのあとは、伝説となった開運巴投げを体験。
強くて堂々としている格闘家が見せた素顔に大人も子供も勇気を受け取ったのではないでしょうか。


次回勇気の授業は、2017年11月開催予定です!ご期待下さい。

プレゼント企画

そして、この後22時半より、勇気の授業スペシャルプレゼント企画を開始します!お見逃しなく!

勇気の授業とは→

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.