推しメン006:御宿高裕 ボクシング

スポンサーリンク
レクタングル(大)

推しメンNo.006 御宿高裕 Takahiro Onjyuku

御宿高裕

  • 所属ジム:RK蒲田ボクシングファミリー
  • 出身地:静岡県裾野市
  • 誕生日:1984/06/29
  • 身長:171cm
  • 体重:67kg
  • 好きなボクサー:川村貢治選手
  • 勝敗:6戦2勝(1KO)4敗
    ※2015年6月時点


小さな火種を侮るな。火種はいつか大木だって焼きつくす!

今回は、従兄弟の御宿高裕選手をフィーチャーします!
※高裕選手をモックンと呼んで居るので、ここでもモックンと表記させてもらいます。
【キャラクター】
彼と一緒に試合を観に行った時の事を良く覚えています。
まだモックンがプロライセンスを取る前で、
後楽園ホールの大会(確か修斗)で彼の後輩が出場するのを見に行きました。

後輩選手は見事勝利!
モックンは私に「アイツのパンチ俺が教えてやったんだぜ」と鼻高々。

会場を出て、二人で近所のラーメン屋へ、食べ始めてしばらくして気がつきました。
隣のモックンからラーメンをすする音が全然しないのです。
ふと見ると、箸で掴んだラーメンを宙に浮かせたまま斜め上をジッと睨みつけていました。
リングに上がる姿を想像したのか、架空の相手と戦って居たのかは分かりませんが、
ゾーンに入っていた事は確かでしょう。

そして、答えが見つかったかの様に、今度はスゴイ勢いでラーメンを一気に平らげ私に一言。

「今日出てる奴らの中で俺が一番強いよ」
この言葉には衝撃を受けました。まだプロテストも受かって無いんですよ!?

その後も、自分がプロになった後の構想を語ってくれました。頭に描いて居るストーリーを喋っている様な感じです。

口ベタな彼がこんなに語るところを初めてみた瞬間です。

そんな彼ですが、母親との絆が強く、試合後にはすぐに母親の元に駆けつけます。
格闘家あるあるかもしれませんが、苦労かけた分恩返しがしたい。そんな姿勢では無いでしょうか?

負けた試合の後、母親に対して「ごめん」と謝る姿に思わずこちらも泣いてしまいました。
そして彼を良いなと思うのは、そんな姿を私達の前でもさらけ出せる素直さ。

彼を通じて格闘技はリング上だけで無く、もっと深いストーリーがあって、
それを背負う者同士が戦うからこそ見ている人の心を揺さぶるのだと教えてもらいました。

【ファイター】
彼のバックボーンを知らずに彼の体形を見たらキット驚くはず。
大学までレスリングをしていたため、肩周りの筋肉が発達したいわゆる逆三角形!
腕も太く、強打を連想させます。

実際、デビュー戦では凄まじい激闘の末、KO勝利を飾りました!
所属ジムのマネージャーさんも「アレが来たら怖い」と言う程ですw

ファイトスタイルも常にKO狙い!その分、相手に打たれる可能性も上がり
試合はいつもヤルかヤラれるか。観戦する立場からすると彼の試合にハズレは無しです!

2015年5月1日の東日本新人王予選ライト級4回戦ではディフェンス面の進化も見え、
今もなお進化中。

理想を追い求め、強さを追求する姿は見るものに勇気や感動を与えます。
今後も応援し続け、彼の目指すゴールを私も見守りたいと思います!

小さな火種を侮るな。火種はいつか大木だって焼きつくす!

【推しメンリクエスト募集】

INAZUMAでは、推しメンリクエストを募集しています。
注目のルーキー、イケメン、知合い・身内など何でも有り!唯一の条件は、これから「活躍が期待出来る」事だけです!

まずはお気軽にお問い合わせください。

推しメントップに戻る

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.